• 一般社団法人法隆寺青年会議所
  • 住所
  • 〒636-0812 奈良県生駒郡三郷町
    勢野西1-2-2 三郷町商工会内
  • 電話
  • 0745-73-8977
  • FAX
  • 0745-32-5239
  • お問合せ

公益社団法人日本青年会議所近畿地区協議会

奈良ブロック協議会

公益社団法人 日本青年会議所

情報公開

2021年度組織図

※PDFファイルで開きます

基本方針・事業計画

委員長 勝良 尚浩 (担当:未来創造委員会)

昨年の新型コロナウイルスの脅威は、私たちの日常生活に深刻な影響を及ぼしました。新しい生活様式が始まり、子供たちを取り巻く環境が大きく変化したことから、様々な世代・地域の住民と触れ合うことで愛情を持ち、接する大切さを学ぶ機会が失われつつあります。まずは、我々が青年会議所活動を行うなかで、地域の課題を共有できる仲間と率先して変革し、時代や環境が変化しても夢や希望がもてる環境づくりが必要になります。
2月例会では、メンバー一人ひとりが法隆寺青年会議所の置かれている現状を理解し、会員拡大運動の必要性を共感してもらうために、これまでの活動から得た経験や学びを改めて見つめ直します。そして、新しい仲間へ自信をもって自分の言葉で青年会議所の魅力や入会することで得られる経験を語ることが出来るようになるための事業を構築し、会員拡大へと繋げます。5月例会では、子供たちが仲間や大人とのつながりの大切さを実感できる青少年育成事業を行います。子供たちが互いに助け合い、協力し、仲間とともに挑戦できる機会を提供します。そして、目標を決めてやり遂げる達成感から自信をもち、新たな挑戦に繋げていく勇気を育みます。6月例会では、大和郡山JCのメンバーと一丸となり、2LOMのメンバーが集まるからこそできる、学びの場、交流の場にすることで、互いに高め合える合同例会にいたします。12月例会の忘年会では、1年を締めくくる例会として1年の活動を振り返り、それぞれが培ってきた友情を感じ、支え合った仲間に感謝することでJCの魅力を再確認できる例会を構築いたします。
目まぐるしく変わる環境の中、当委員会は事業を通じて、地域の未来を創る青年経済人として私たち自身が、現状を深く理解し、率先してコロナ禍と向き合いながら青年会議所活動を行うことで、夢や希望がもてる明るい豊かな社会を実現します。

  • 1. 2月例会
  • 2.5月例会
  • 3.6月例会
  • 4.12月例会
  • 5.会員拡大
  • 6.その他

委員長 仲井 大雅 (担当:地域創造委員会)

現代社会における情勢の変化により様々な影響を受けるなかで、我々が暮らす西和7町で何ができるのか。個人の力には限りがありますが、協力すれば情勢の変化にも負けず常に課題を改善できると確信します。そのなかで今必要なことは、地域の絆を深めることは勿論、皆が取り組めば「変わる」という意識の変化ではないでしょうか。当委員会は他の団体と連携を図り、地域がより魅力的に発展する一翼を担うために設置されました。 
まず、1月には新年会を行い、現役会員とOB会員が同志の絆を深め、2021年度の想いを共有する場を設えます。また3月例会では、SDGsに関する例会を開催します。持続可能な社会の実現は世界共通の課題であり、人類が力を合わせて達成するべき目標であります。そこで、各団体に働きかけることにより地域の連携を図り、西和7町が一丸となりSDGs運動に向き合い発信することで、一人でも多くの地域住民に共感を得ることへと導きます。身近な存在である行政や各種団体と協力することで、一人でも多くの方に知っていただき、賛同いただける機会をつくることが目的です。そして、10月例会では4JC合同例会を開催し、4LOMの会員同士が交流を深めることは勿論、組織としても切磋琢磨し、互いに高め合える機会とします。11月例会では地域のつながりをテーマに、今だからこそできる今後の地域環境改善に向けた事業に取り組んでいきます。このような連携の機会を通じて、男女問わず青年会議所の魅力に共感していただき、共に歩める同志を得る例会となるよう、明るく楽しく気軽に参加できる雰囲気づくりを大切にして推し進めてまいります。
今だからこそ、法隆寺JCの一人ひとりが一丸となるのは勿論、率先して人と人を結びつけ、形式にとらわれない仲間づくりをすることで、思いやりや助け合うことの重要性を再認識し、共に地域について学ぶことで明るい地域が築けると確信しております。

  • 1.1月事業
  • 2.3月例会
  • 3.10月例会
  • 4.11月事業
  • 5.会員拡大
  • 6.その他