• 一般社団法人法隆寺青年会議所
  • 住所
  • 〒636-0812 奈良県生駒郡三郷町
    勢野西1-2-2 三郷町商工会内
  • 電話
  • 0745-73-8977
  • FAX
  • 0745-32-5239
  • お問合せ

公益社団法人 日本青年会議所

公益社団法人日本青年会議所近畿地区協議会

奈良ブロック協議会

情報公開

2018年度組織図

※PDFファイルで開きます

基本方針・事業計画

未来創造委員会委員長 小村 尚己 (担当:未来創造委員会)

法隆寺青年会議所は、これまでの44年間、弛まぬ努力と不断の活動を行い、明るい豊かな社会を目指し歩んでまいりました。この間、子どもたちを取り巻く環境は、大きく変化しています。子どもたちは現在の環境下で情報を取捨選択し、明確な夢を描けているでしょうか。当委員会では改めて、子どもたちが夢を明確に持ち、目標を設定しその目標に向かって努力をすることの大切さを伝えてまいります。
子どもたちに成功ではなく成長を目標とし、日々を意識して生きることで「自分で考え、情報を取捨選択する能力」を身に着けるきっかけを与えます。そのために必要なのは、実体験であります。子どもたちに実体験を通して判断力、決断力、実行力を育むことで、自分で選んだ夢を持ち、その夢に向かい目標を設定し努力することの大切さを伝えます。そのためには、まず当会議所メンバーが子どもたちに夢を与えることのできる人間でないとなりません。人は人によってしか変わらない。そして、多量の熱で人に接したとき、人は変わるのだと確信しています。法隆寺青年会議所の本気の熱を伝えることができるのか、また当会議所のメンバーが本気であるか子どもたちは敏感に感じ取ります。当委員会が先頭に立ってメンバーと力を合わせ、本気をぶつけることで子どもたちに夢を持つきっかけを与えなければなりません。また、7月例会、10月例会は他LOMとの共同事業であり志を同じくする仲間同士の交流はもちろんのこと、他LOMから見た当会議所について今一度、考える機会とします。
当委員会は事業を通し、地域の人たちに本気を伝えます。子どもから大人にそして大人から子どもへ、そして人から地域に本気が伝播することで法隆寺青年会議所が目指す明るい豊かな社会に一歩近づきます。本気で共に未来を創造しましょう。

  • 5月例会
  • 7月例会(近畿地区大会)
  • 10月例会(4JC合同例会)
  • 会員拡大
  • その他

地域創造委員会委員長 浅間 正太 (担当:地域創造委員会)

本年、法隆寺青年会議所は45周年を迎えます。先輩方がこの地域で積み重ねた歴史の中で、堅実に育んでこられた「信用」という、非常にしっかりとした礎の上に、我々が今、地域の活性化の為に必要とされる「新しい価値のあるもの」を考え出し積み重ねていかなくてはなりません。それは眼前の目標を達成するだけのものではなく、次世代の為の基礎ともなる事業の構築をしていく役目を担うものであります。
当委員会では地域の魅力を上げる為に法隆寺青年会議所の歴史を大事にしながら、既成概念に囚われる事無く、常に多角的な視点から楽しみと目的を考え行動いたします。まずは、奈良ブロック大会では地域の明るい豊かな社会の実現という、同じ希望と目標を持った仲間たちと連携して事業を構築することで、その過程から学び、気付き、自分たちの地域にも活かせる事業とします。そして、45周年事業では、地域に確固たる信用をつくり重ねてくださった先輩方に感謝の気持ちを表します。またその歴史から地域貢献について幅広く学びます。さらに、法隆寺青年会議所が引き続き邁進していくという意思を表示するために、地域住民や多くの先輩方にも出席していただき、 コミュニケーションが取れる場となる事業を実施いたします。また、11月例会では町民同士、町民と行政という、地域間のつながりをより強固なものにし、参加者一人ひとりが自分たちの地域に対して誇りと未来への可能性を持って安心して生活していけると感じ、喜びと楽しみを持って帰っていただける事業を実施いたします。
我々の運動が西和7町に携わる人々にとって、自分たちの地域を今一度見つめ直し、地域に溢れる可能性を感じていただける機会となります。こうして地域活性化の一翼を担う事で法隆寺青年会議所がこの地域に必要とされる存在になり続けると確信します

  • 6月例会(奈良ブロック大会)
  • 9月例会(45周年事業)
  • 11月例会
  • 会員拡大
  • その他

総務委員会委員長 小林 誠 (担当:総務委員会)

日本文化発祥の地、聖徳太子の利他を慮る精神が浸透した地域においても、社会情勢や時代の変化により、古から大切にされてきた「和の精神」が希薄になりつつあります。法隆寺青年会議所が自覚と責任ある当事者意識を持った人材の創出に向けて、地域の繋がりをより強固に、堅実な組織基盤を構築する必要があります。
活発な運動へ発展させる手段は会議であり、地域にとって実り多き会議を開催するために、効果的な運営を行うことで、当事者意識と志の高い諸会議を構築します。そして会議において議案精査と上程管理を徹底することにより、より建設的で有意義な議論へと導きます。さらに、組織の公益性と透明性を確立するために、諸委員会予算の決定と財政管理上の法令厳守を周知徹底することで、地域からも信頼される団体としての価値を高めます。まずは、法隆寺青年会議所の幕開けを迎えるにあたり、通常総会と入会式を実施し、本年度の運動方針を伝え、一年の目標を確認しあい、より有益な運動へ繋げます。また、一人ひとりが地域の未来、愛と希望溢れる「まち」を想像できる事業を構築することで、メディアの情報をそのまま鵜呑みにせず、未来の為に何を成すべきか自ら考え行動することのできる主権者意識向上の機会を創ります。さらに、法隆寺青年会議所の社会的認知度を向上させるために、魅力ある情報を発信し、運動への理解を深化させ共感を集めます。2018年度の総括に、我々の情熱に満ち溢れた思いの伝播、理想社会の実現に向けて邁進してきた一年間を振り返ることのできる事業、また、共に活動してきた同志の軌跡を振り返り、関係する様々な方々に感謝する事業を構築します。
地域を強く思う心と未来を創りあげる志をもった我々は、優れた先達者や友との道縁を大切に、互いに強く結ばれた「和の意識」のもと、生かされていることへの感謝が溢れる法隆寺青年会議所を創造します。

  • 1月例会(入会式・通常総会)
  • 4月例会
  • 8月例会(通常総会)
  • 12月例会(卒業式・忘年会)
  • 新年会
  • 会員拡大
  • 事務局管理運営
  • 会計管理
  • 慶弔
  • その他